DxShieldの検証からリリースまでのフローをご紹介します。

 

android版

Step1 : 検証アプリの選定およびライセンスの発行

  1. 御社にてDxShieldを適用するアプリの選定
    このタイミングでは、どのようなアプリを選定いただいても
    特に既存サーバやユーザ様に影響を及ぼすことはございません。
  2. オルトプラスにて試用アカウントの発行ご指定いただいたアプリでのみ利用可能なアカウントを発行いたします。

Step2 : アプリへのDxShieldの適用

  1. 発行されたアカウントでDxShieldのサーバ(https://altplus.dxshield.jp)へログインします。
  2. 申請いただいたアプリにDxShieldを適用します。
    適用方法は、Webコンソールでの適用と、CLIクライアントを利用した適用の
    2つのパターンが利用可能です。

Step3 : DxShield適用済みアプリの動作検証

  1. 適用済みAPKファイルをダウンロードし、端末にインストールし動作検証を行います。
    このタイミングでも、既存サーバやユーザ様に影響を及ぼすことはございません。
    適用済みAPKファイルからアプリをインストールした端末でのみ、攻撃を検知します。
  2. 十分に動作検証が完了したら、DxShield適用済みアプリをGoogle Play Storeに公開し、
    本番環境で検証します。
    この時点で初めて全ユーザに対してDxShieldを適用したアプリが公開され、
    アプリに対する不正行為を防御できるようになります。

Step4 : 正式ライセンスへの切り替え

  1. 検証が完了したら、正式ライセンスへの切り替えを申請。
    弊社にて、ご申請いただいたアプリを正式ライセンスとして切り替えいたします。
    以降、契約に基づいてライセンス費用が発生致します。

 

ios版

 

Step1 : 検証アプリの選定およびライセンスの発行

  1. 御社にてDxShieldを適用するアプリの選定
    このタイミングでは、どのようなアプリを選定いただいても
    特に既存サーバやユーザ様に影響を及ぼすことはございません。
  2. オルトプラスにて試用アカウントの発行ご指定いただいたアプリでのみ利用可能なアカウントを発行いたします。

Step2 : SDKの提供・適用

  1. 弊社からDxShield for iOSのSDKを提供いたしますので、お客様自身でプロジェクトにインポートしていただき、検証を行っていただきます。

Step3 : DxShield適用済みアプリの動作検証

  1. 適用済みアプリをiOS端末にインストールし動作検証を行います。
    このタイミングでも、既存サーバやユーザ様に影響を及ぼすことはございません。
    適用済みアプリをインストールした端末でのみ、攻撃を検知します。
  2. 十分に動作検証が完了したら、DxShield適用済みアプリをAppStoreに公開し、
    本番環境で検証します。
    この時点で初めて全ユーザに対してDxShieldを適用したアプリが公開され、
    アプリに対する不正行為を防御できるようになります。

Step4 : 正式ライセンスへの切り替え

  1. 検証が完了したら、正式ライセンスへの切り替えを申請。
    弊社にて、ご申請いただいたアプリを正式ライセンスとして切り替えいたします。
    以降、契約に基づいてライセンス費用が発生致します。